beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

堂安律に新たな移籍先候補…ロシアの名門クラブが獲得に興味か

このエントリーをはてなブックマークに追加

堂安律にロシアから興味が…

 ロシア・プレミアリーグのスパルタク・モスクワが、フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律(20)に興味を示しているようだ。ロシアメディア『スポーツ・ エクスプレス』が伝えている。

 同メディアによると、スパルタク・モスクワは将来有望な若手選手に注目しているとのこと。そこで獲得を検討しているのが、チェルシーからの期限付き移籍でフィテッセに所属しているMFチャーリー・ムソンダ(22)と堂安だという。

 2017年6月にガンバ大阪からフローニンゲンに加入した堂安は、海外移籍初年度でエールディビジ29試合に出場。10代選手としてクラブ歴代3位となる9ゴールを記録した。この活躍により、仏誌『フランス・フットボール』が新設した“若手版バロンドール”、コパ・トロフィーの最終候補10名にも選出された。

 背番号を『7』に変えた2年目は、エールディビジで32試合に出場し、5ゴール3アシストを記録。昨年9月にデビューを果たした日本代表では、ここまで13試合で3ゴールを挙げている。

 堂安とフローニンゲンとの契約は2021年6月まで。『トランスファー・マーケット』によると、市場価値は750万ユーロ(約9億1300万円)と設定されている20歳アタッカーに対して、これまでアヤックスPSVサウサンプトンなどの関心が報じられてきた。

 なお、ロシア・プレミアリーグはかつてFW本田圭佑が在籍し、現在はFW西村拓真がプレーしているCSKAモスクワが日本では有名だが、スパルタク・モスクワはCSKAよりも多い10回のリーグ優勝を経験しているロシア名門クラブである。

●オランダ・エールディビジ2018-19特集
●海外組ガイド
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

TOP