beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

韓国のトロフィー踏みつけに怒りの中国メディア、日本にも言及「彼らは恐ろしいほど…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

批判を浴びているU-18韓国代表

 中国『新浪体育』が優勝トロフィーを踏みつけるなどの行為を行ったU-18韓国代表を批判するとともに、日本との比較についても言及している。

 中国・成都で開催された国際ユース選手権『パンダ・カップ2019』で韓国は29日、中国を3-0で退け、3戦全勝で優勝を果たした。しかし、優勝セレモニーでトロフィーを踏みつけて記念撮影を行ったほか、トロフィーに向かって用を足すような仕草を見せた選手がいたとして批判が殺到。韓国の選手や監督は30日に大会組織委員会を訪れて謝罪したが、同国の優勝剥奪が決定された。

 同メディアは韓国について「彼らは自分たちのスポーツマンシップに関して謝罪しているにすぎない。中国サッカーにとって彼らは、いまだ冷笑すべき存在だ」と非難している。

 記事によると、韓国チームは宿泊先のホテルでも頻繁に部屋の変更を要求するなどの問題行動があったという。成都サッカー協会の関係者は「今後、成都サッカー協会は韓国を招待することはないと予想される」と指摘し、「日本チームが過去に2度参加したことがあったが、彼らの素養の高さは恐ろしいほどだった」と日本との比較も述べたようだ。

 続けて同メディアも「日本はロシア・ワールドカップでベルギーに悲惨な敗戦を喫し、ファンはとても悲しんでいた。それでも彼らは涙を流しながら、いつものように応援席のゴミ拾いを行っていた」と昨年夏の出来事を振り返り、国民性を称えている。

TOP