beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

韓国のトロフィー踏みつけ&放尿ポーズに中国メディア「再発を防ぐ唯一の方法がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

トロフィーを踏みつけるU-18韓国代表の選手

 U-18韓国代表が中国で開催された国際ユース選手権『パンダ・カップ2019』の優勝トロフィーを踏みつけた問題で、中国『環球時報』が“再発防止策”を挙げた。

 韓国は同大会で3戦全勝を果たして優勝したが、セレモニーの際にトロフィーを踏みつけながら記念写真を行ったほか、トロフィーに向かって用を足すような仕草を見せた選手もいたとして批判が殺到。大会組織委員会から優勝を剥奪された。すでに同代表チームや大韓サッカー協会(KFA)は謝罪を行っているものの、騒動が収束する気配はない。

 同メディアは「韓国人たちは謝罪したが、それは中国国民の怒りを落ち着かせるのに十分ではなかったようだ」と指摘している。

 それでも「同様の問題が起きるのを防ぐ唯一の方法がある」とし、「彼らにサッカーで勝たなければならない」と、ピッチ上でリベンジすることが必要だと主張した。

TOP