beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本代表FWにアクシデントも…10人札幌がMF早坂V弾で広島に完封勝ち!

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を挙げた札幌MF早坂良太

[6.1 J1第14節 札幌1-0広島 札幌ド]

 J1第14節が1日に行われ、8位北海道コンサドーレ札幌はホームで7位サンフレッチェ広島と対戦し、1-0の勝利を収めた。後半18分にMF早坂良太が決勝ゴールを記録。終盤に退場者を出したが、4試合ぶりに勝ち点3を獲得した。

 立ち上がりからボールを支配したのは札幌だったが、広島は自陣にブロックを形成して隙を見せず、逆に素早い攻撃でゴールに迫る。

 前半20分にはFWドウグラス・ヴィエイラがヘディングで裏へ送ったボールにMF清水航平が反応。PA内右に持ち込み、思い切りよく右足でシュートを打つが、クロスバーを越えた。

 その後も広島が札幌にボールを持たせ、効率よく攻撃を仕掛けていたが、後半から札幌も徐々にシュートシーンを増やしていく。

 後半18分、早坂がハイボールを頭で前方につなぐと、受けたFW鈴木武蔵は収め切ることはできないが、PA内右に流れたボールに素早く走り込む。飛び出したGK大迫敬介の対応に遭ったものの、こぼれ球を早坂が右足で流し込み、先制ゴールを挙げた。

 早坂にとっては今季リーグ戦初得点。また、チームとしては4試合ぶりのゴールとなった。

 しかし、札幌は後半22分にMF中野嘉大、同27分には今月のキリンチャレンジカップに臨む日本代表に選出されている鈴木がアクシデントで交代を余儀なくされる。代わってMF白井康介、FWジェイが投入された。

 さらに後半42分にはMFルーカス・フェルナンデスが、笛が鳴った後にボールを蹴り出したとしてイエローカード。2枚目で退場となってしまう。

 数的優位の広島は攻勢を強めて得点を狙ったが、最後まで札幌のゴールをこじ開けられず、0-1でタイムアップ。2試合ぶりの黒星を喫し、4月以来の連勝はお預けとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第14節2日目 スコア速報

TOP