beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「江尻は思ったはずだ」と手倉森監督…先発抜擢の長崎MF吉岡雅和、期待に応える2発

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを奪ったV・ファーレン長崎MF吉岡雅和

[6.2 J2第16節 千葉1-4V・ファーレン長崎 フクアリ]

 久しぶりにスターティングメンバ―に名を連ねた。4月7日のJ2第8節山口戦以来、8試合ぶりに先発起用されたV・ファーレン長崎MF吉岡雅和だったが、手倉森誠監督の期待に応える2ゴールを奪ってチームの4-1の快勝に貢献した。

 指揮官が吉岡を先発起用した意図を語る。「カップ戦と併用しながら、全員でリーグ戦を戦っていく。皆が調子が良い中での“武器”替えというのは、対戦相手によるもの。千葉に対しては吉岡が効くと思った」と。すると、その吉岡が躍動する。

 1-0と1点リードで迎えた後半26分にはMF磯村亮太の鋭いスルーパスから抜け出してゴールをゲット。さらに後半40分にはカウンターからつながれたボールを受け、ネットを揺らして自身2点目をマークした。吉岡は「チームが勝てたことが素直に嬉しい。良いボールが来たので流し込むだけだったのでチームメイトに感謝したい」と今季初ゴールを含む2得点に喜びを表した。

 そして、吉岡起用は相手を混乱させる狙いもあったと、手倉森監督は振り返る。吉岡は主にルヴァン杯で先発起用されており、6試合4得点と結果を残していたが、リーグ戦ではベンチスタートが続いていた。前節徳島戦ではMF翁長聖が先発起用されていたこともあり、「おそらく翁長で来ると、(千葉の)江尻(篤彦監督)は思ったはずだ」と答えると、「そういう、こすいことを考えながらやらないと敵地では勝てない。ましてや、S級の同期の監督なのでだますためにやりました」とニンマリ。

 さらに、吉岡が2得点と結果を残したことで、「我ながら、鼻が利いたな」と白い歯を見せた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP