beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マラドーナが“お気に入り”のクラブ明かす「私こそが監督にふさわしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディエゴ・マラドーナ氏がマンチェスター・ユナイテッド監督就任を希望?

 サッカー界のレジェンドである元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏(58)は、マンチェスター・ユナイテッドの監督就任を夢見ているようだ。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 現在メキシコ2部のドラドス・シナロアの監督を務めているマラドーナ氏。現役時代は母国リーグのボカ・ジュニアーズやバルセロナナポリなどでプレーしたが、ユナイテッドのファンだったという。

「マンチェスター・ユナイテッドのことがずっと好きだった。多くの偉大な選手たちが、アレックス・ファーガソンの下で活躍した。だが、今はマンチェスター・シティの方が好きだと言わざるをえない」

 ユナイテッドは2012-13シーズン限りでファーガソン氏が勇退した後、FAカップ(国内杯)、リーグカップ、ヨーロッパリーグでそれぞれ1回優勝しているが、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ制覇からは遠ざかっている。

 そのため、マラドーナ氏は「もし、マンチェスター・ユナイテッドが監督を必要としていれば、私こそがそれにふさわしい。彼らにはトロフィーも必要だ。私ならそのための手助けができる」と語り、自らの手でかつての栄光を取り戻したいと考えているようだ。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP