beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

呉屋5戦連発も長崎の連勝は4でストップ…岡山が仲間2発など3得点で逃げ切る

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.8 J2第17節 長崎2-3岡山]

 ファジアーノ岡山が敵地でV・ファーレン長崎を3-2で下した。岡山は今季2度目の2連勝で4戦負けなし。長崎の連勝は4で止まった。

 序盤からアウェー岡山が主導権を握った。チャンスを作り続けると、前半43分、GK一森純が左サイドに展開。MF仲間隼斗がドリブルで持ち込んでアーリークロスを送ると、DFとFW赤嶺真吾が競り合いながらゴール前に入る。ただボールはそのまま抜けてゴールネットに収まる。

 1点リードで折り返した岡山はさらに後半9分、DF椋原健太の左クロスを仲間が頭で連続ゴールを決めて突き放す。そして同32分には一森のロングパスからカウンター発動。仲間がドリブルで運んで赤嶺にパス。ダイレクトの折り返しをFWイ・ヨンジェが押し込んで、リードを3点に広げた。

 後半13分に2枚替えを行うなど、長崎も何とかリズムに変化を求めていた。すると後半34分、左クロスを胸トラップで受けたFW呉屋大翔が5試合連続弾となるゴールを左足で蹴り込んで、ようやく1点を返す。さらに終了間際にはCKからDF高杉亮太が飛び込んで1点差に詰め寄るが、同点まで届くことはなかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP