beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

4連覇中の関東一、実践学園が敗退…準々決勝から帝京ら登場:東京

このエントリーをはてなブックマークに追加
 8日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)の東京都予選2次トーナメント2回戦を行った。

 4連覇中の関東一高堀越高と対戦し、延長戦の末に0-1で敗戦。2年ぶり出場を狙う実践学園高大成高に0-1で敗れ、準々決勝進出を逃した。

 一方で昨年度高校サッカー選手権出場校の駒澤大高東海大高輪台高日大豊山高がベスト8入りを決めた。

 なお、準々決勝からプリンスリーグ関東に参戦する帝京高、関東高校サッカー東京予選優勝校の國學院久我山高、同準優勝校の東久留米総合高が登場する。

[2回戦](6月8日)
東海大高輪台高 2-1 東大和高
大成高 1-0 実践学園高
堀越高 1-0 関東一高
駒澤大高 2-0 多摩大目黒高
日大豊山高 3-3(PK5-3)成立学園高

[準々決勝](6月15日)
帝京高 vs 東海大高輪台高
大成高 vs 堀越高
東久留米総合高 vs 駒澤大高
日大豊山高 vs 國學院久我山高


●【特設】高校総体2019

TOP