beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日程変更の決勝制したのは初芝橋本!3連覇達成で全国へ:和歌山

このエントリーをはてなブックマークに追加
 10日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)の和歌山県予選決勝が行われ、初芝橋本高が3年連続16回目の優勝を果たした。

 7日の雷の影響で準決勝第2試合とともに日程変更(9日→10日)となっていた和歌山県決勝。新人戦決勝のリベンジを狙う和歌山北高と対戦した初芝橋本は、前後半に1点ずつを奪って2-0で完封勝ち。県2冠を達成した。

[決勝](6月10日)
初芝橋本高 2-0 和歌山北高

[準決勝](6月7、8日)
初芝橋本高 6-0 橋本高
海南高 0-1 和歌山北高

[準々決勝](6月2日)
初芝橋本高 5-1 近大新宮高
和歌山南陵高 0-0(PK7-8)橋本高
海南高 1-0 近大和歌山高
和歌山北高 2-0 田辺高


●【特設】高校総体2019

TOP