beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

交代出場FW千葉ゴールで追いつき、PK戦でGK高橋が1本ストップ!U-16日本代表がルーマニア撃破!

このエントリーをはてなブックマークに追加

PK戦勝利を喜ぶU-16日本代表イレブン

 U-16日本代表、U-16ルーマニア代表、U-16ナイジェリア代表、U-16メキシコ代表の4チームが総当たりのリーグ戦で優勝を争う「U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞」が12日に宮城県仙台市のユアテックスタジアム仙台で開幕した。

 U-16日本代表はU-16ルーマニア代表と対戦。前半からボールを支配し、MF中村仁郎(G大阪ユース)の仕掛けやMF豊田晃大(名古屋U-18)の抜け出しで決定機を作り出す。前半40分にカウンターから失点したあと、攻めあぐねた時間帯もあったが、中央、サイドから攻め続ける。そして、後半33分、MF山根陸(横浜FMユース)の縦パスを受けたFW千葉寛汰(清水ユース)がFW勝島新之助(京都U-18)とワンツー。リターンを受けた千葉が左足で同点ゴールを決めた。

 1-1で突入したPK戦では、ルーマニア2人目のシュートをGK高橋一平(神戸U-18)が右へ跳んでストップ。4人全員が成功した日本が4-2で勝利し、勝ち点2を獲得した。
 
 2年ぶりの優勝を狙う日本は14日の第2節でナイジェリアと戦う。

(取材・文 吉田太郎)

TOP