beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ソン・フンミンの市場価値が100億円台に接近!プレミアで14位、世界でも28位に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソン・フンミンが大台接近

 ドイツ『transfermarkt.de』は13日、プレミアリーグでプレーする選手たちの新しい市場価値データを発表。トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンは8000万ユーロ(約98億円)の大台に乗った。

 各国でプレーする選手それぞれのパフォーマンスや将来性、市場効果やユーザーの意見などを考慮し、その市場価値を評価する『transfermarkt』だが、今回はプレミアリーグの535人が対象に。前回更新時にすでに市場価値ランキングで首位タイに並んでいたリバプールFWモハメド・サラー、元チェルシーFWエデン・アザールトッテナムFWハリー・ケインはそれぞれ1億5000万ユーロ(約184億円)のまま変動がなく、再び1位の座を分け合うことになった。

 トップ10では、2000万ユーロのアップを記録し1億4000万ユーロ(約172億円)で4位にランクインしたマンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングや3500万ユーロ増の1億2000万ユーロ(約147億円)で6位に浮上のリバプールFWサディオ・マネ、8000万ユーロから1億ユーロ(約123億円)へと高騰で7位タイのマンチェスター・シティMFベルナルド・シウバらの勢いが目立った。また、同じくシティでプレーするMFケビン・デ・ブルイネは、市場価値が1億5000万ユーロから1億3000万ユーロ(約160億円)へと下落し、首位から5位に後退している。

 一方で、トッテナムで今季公式戦48試合の出場で20ゴールを叩き出し、チャンピオンズリーグ決勝進出に貢献したソン・フンミンだが、昨年12月時点の更新に比べて市場価値が6500万ユーロから8000万ユーロへと大きくアップ。マンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラシュフォードやリバプールGKアリソン・ベッカー、DFトレント・アレクサンダー・アーノルドやFWロベルト・フィルミーノらと並び14位タイにランクインした。

『transfermarkt』のデータベースによると、市場価値が8000万ユーロともなれば、全世界の選手のランキングでも28位タイと上位に食い込むとのこと。2015年からトッテナムで挑戦を続けてきた現在26歳のアタッカーの勢いは今後数年間は止まりそうもない。

 なお『transfermarkt』が発表した最新のプレミアリーグ市場価値ランキングのトップ10は以下の通り。

1位:モハメド・サラー(リバプール、1億5000万→1億5000万ユーロ)
1位:ハリー・ケイン(トッテナム、1億5000万→1億5000万ユーロ)
1位:エデン・アザール(チェルシー、1億5000万→1億5000万ユーロ)
4位:ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ、1億2000万→1億4000万ユーロ)
5位:ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・シティ、1億5000万→1億3000万ユーロ)
6位:サディオ・マネ(リバプール、8500万→1憶2000万ユーロ)
7位:クリスティアン・エリクセン(トッテナム、8500万→1億ユーロ)
7位:ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ、8000万→1億ユーロ)
7位:リロイ・サネ(マンチェスター・シティ、1億→1億ユーロ)
7位:エンゴロ・カンテ(チェルシー、1億→1億ユーロ)
7位:ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド、9000万→1億ユーロ)

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP