beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ジャンプ一番、豪快ヘッド! 稲本潤一がJ3最年長得点記録を塗り替える

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF稲本潤一がJ3リーグ戦最年長得点記録を更新

[6.15 J3第12節 相模原 1-0 G大23 ギオンス]

 SC相模原のMF稲本潤一が15日、ホームで行われたG大阪U-23戦で決勝ゴールを挙げ、J3リーグ戦最年長得点記録を39歳8か月28日に更新した。

 スタメンで6試合ぶりの出場を果たした稲本は前半5分、左サイドのMF末吉隼也からのFKを豪快に頭で押し込み、先制ゴールを奪取。自身にとっては、札幌時代の2016年シーズン以来の得点となった。試合はそのまま相模原が1-0で逃げ切り、2戦ぶりの白星を飾っている。

 これまでは、カマタマーレ讃岐のFW我那覇和樹が今月9日の第11節・G大阪U-23戦で記録した38歳8か月14日のゴールがJ3リーグ戦最年長得点だった。

 また、J1リーグ戦ではジーコ氏(当時鹿島)の41歳3か月12日、リーグカップ戦では東京23FC(関東1部)のDF土屋征夫(当時甲府)の42歳9か月10日、J2リーグ戦では横浜FCのFW三浦知良の50歳14日となっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J3]第12節1日目 スコア速報

TOP