beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チェルシーに暗雲…ダービー、ランパードとの契約延長交渉を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェルシーの次期監督候補であるフランク・ランパード監督

 ダービー・カウンティフランク・ランパード監督との契約延長に向けて動いているようだ。英『BBC』が報じている。

 チェルシーのレジェンド、ランパード監督は2018年5月にチャンピオンシップ(2部相当)の指揮官に就任。レギュラーシーズン6位で昇格プレーオフに進出し、決勝でアストン・ビラに敗れたものの、就任1年目でプレミアリーグ昇格まであと一歩のところまで迫った。

 その手腕を高く評価するダービーは、ランパード監督との契約延長を熱望。ランパード監督はチャンスを与えてくれたダービーに感謝しており、契約延長に向けた交渉を開始したという。

 古巣チェルシーは、マウリツィオ・サッリ監督が今夏にユベントスに移籍すると報じられており、次期監督候補としてランパード監督の名前が挙がっている。同紙によると、ランパード監督とダービーとの契約はあと2年残っており、契約解除金は400万ポンド(約5億4700万円)とみられている。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP