beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“消える”翔哉…「その時間を減らしたい」と自身が感じた課題

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表MF中島翔哉(アルドゥハイル)

[6.17 コパ・アメリカGL第1節 日本0-4チリ モルンビ―]

 キレのあるドリブルで相手守備網を切り裂く姿を見せた。球際の勝負を挑んで相手からボールを奪い取ろうと試みた。しかし、日本代表MF中島翔哉(アルドゥハイル)は0-2と2点のビハインドを背負って迎えた後半20分にピッチを後にした。

 序盤こそ鋭いドリブルでチリの脅威になったものの、警戒が強まってくるとボールに触れる回数が減少していく。本人が課題として感じたのは「試合からいなくなる時間をもっと減らしていかないといけない」ということ。「どの試合にもそういう時間はある」が、ボールに関与していない場合でも「ポジショニングをもっと良くする」ことで、その時間を減らそうと考えている。

 また、チリとの差も肌で感じた。「チリが強いのは分かっていた。クロスの質も高いし、ボールを奪いに来る迫力があり、ワンタッチなどもうまかった」と個の能力の高さを感じ、何よりも「決定力があるのは最初から分かっていた。自分たちも学ばなければいけない」とシュート数は1本しか違わない状況で(チリ15本、日本14本)、4点差がついた決定力の差を痛感したようだ。

「今日はいろいろなことを感じられたので、それを無駄にしてはいけない」。中2日で行われる第2節ウルグアイ戦は19日に開催。この日の敗戦を糧に、わずかでも成長した姿をピッチ上で見せたい。

(取材・文 折戸岳彦)
●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集
★コパ・アメリカが観られるのはDAZNだけ!全試合を独占ライブ配信

TOP