beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

A代表デビューのMF安部裕葵が感じた「日本人にとって良くない試合の運び方」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表MF安部裕葵(鹿島)

[6.17 コパ・アメリカGL第1節 日本0-4チリ モルンビー]

 劣勢の状況の中、ピッチへと送り込まれた。日本代表MF安部裕葵(鹿島)が新たな一歩を踏み出した瞬間となった。

 出番が巡ってきたのは、0-2と2点のビハインドを背負って迎えた後半20分だった。「攻撃が速かったので前で時間を作る。でも勝ちにいかないといけないので、速い攻撃をしないといけないという難しさがあった」という中での投入に。その中で、意識したのは距離感だった。

「距離感の良い攻撃をしないと、すぐに守備ができずにカウンターゲームになってしまう。スピード感やパワーを要するゲームにしてしまったら、日本人にとっては良い試合の運び方ではないと思う」

 4-2-3-1の左サイドハーフの位置に入った安部は、後方に構える左SBのDF杉岡大暉(湘南)と「近い位置で高いラインを取らないと攻撃ができない」と意識してプレー。後半24分にはMF久保建英(FC東京→レアル・マドリー)のパスから左サイドを駆け上がり、グラウンダーのクロスを供給するなど、限られた時間の中で日本にゴールをもたらそうと積極的な姿勢を見せた。しかし得点は生まれることなく、0-4の完封負けを喫して「チリのような相手と戦うには展開力のあるプレーがもっと必要だと思った」と唇を噛んだ。

 本人にとってA代表デビューとなったが、「僕のスタンスとしてはどんな試合、どんな練習でも同じようなテンション、同じような取り組み方で常にやっているので、今日も向上心を持ってプレーできた」とあくまで平常心。しかし、日の丸の重みを改めて感じており、「日本代表の責任や誇りはもちろん感じている」からこそ、悔しさが残るデビュー戦となったことだろう。

(取材・文 折戸岳彦)
●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集
★コパ・アメリカが観られるのはDAZNだけ!全試合を独占ライブ配信

TOP