beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

指揮官も認める闘争心。気持ちで矢板中央牽引するエースFW久永、決勝も攻守で奮闘

このエントリーをはてなブックマークに追加

矢板中央高を気持ちで牽引したFW久永武蔵

[6.20 インターハイ栃木県予選決勝 矢板中央高 3-0 真岡高 栃木県グリーンスタジアム]

 エースとしての自覚がプレーに表れている。矢板中央高の10番を背負うFW久永武蔵(3年)はこの日、前線で献身的な守備とエアバトルの連続。身体を張ってマイボールの時間を増やそうとしていた。

 高橋健二監督が「闘争心が凄くあります。球際も頑張る。足が攣っていても代わると言わない。今、凄く良いですよ」というように、気持ちでチームを牽引するFWだ。自身のシュートは1本で無得点に終わったものの、背中でチームを引っ張って3-0の快勝に貢献した。

 前半2分にCB長江皓亮主将(3年)が頭で折り返したボールを最後は久永が押し込んだようにも映ったが、記録は長江のゴールに。久永は自身のゴールだと感じていたようで、残念そうな表情を浮かべていた。それでも、今大会は4得点を奪うなど、前線の柱として代えのきかない存在になってきている。

「新人戦とかめっちゃ調子悪くて迷惑をかけてしまった」と久永。優勝した県新人戦は決勝も後半途中からの出場と納得のいく出来ではなかった。それでも、シュート練習を続け、プリンスリーグ関東で2試合連続ゴールを決めるなど自信をつけたFWは現在、10番の自覚を持ってプレーを続けている。

 兄・FW久永寿稀也(現中央学院大)は2年前の選手権4強メンバー。負けじと結果を目指すFWは全国大会へ向けて「前で起点になることと献身的な守備、あとFWなので得点を獲っていきたいです。日本一を獲りたいです」と意気込んだ。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2019

TOP