beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“不敗神話”ついにストップ…琉球が甲府に逆転負け、まさかの5失点でリード守れず

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC琉球の指揮を執る樋口靖洋監督

[6.22 J2第19節 琉球2-5甲府 タピスタ]

 J2リーグは22日、第19節を行った。タピック県総ひやごんスタジアムではFC琉球ヴァンフォーレ甲府が対戦。2点ビハインドから甲府が5-2で逆転勝利をおさめた。甲府は3試合ぶり白星、琉球はホーム無敗記録が『30』でストップした。

 ホーム不敗神話続く琉球は前半23分、FKの壁の選手のハンドからペナルティーアーク手前で再びFKを得ると、MF風間宏希が右足を一閃。壁を越えたシュートがゴール左に吸い込まれ、先制に成功する。さらに37分、MF河合秀人がドリブルで仕掛け、PA手前で横パスを受けたMF越智亮介が冷静に左足で流し込み、2-0とした。

 2点ビハインドの4位甲府は前半44分、MF横谷繁の縦パスを受けたFW森晃太がPA左に進入してグラウンダーのクロスを供給。FWピーター・ウタカがつぶれてファーサイドに流れたボールをFW佐藤和弘が右足で合わせ、前半のうちに1点を返した。

 この勢いのまま後半に入った甲府は、立ち上がりに同点に追いつく。後半2分、左サイドからMF内田健太がアーリークロスを送り、相手が目測を誤ったところを見逃さず、MF横谷繁が落ち着いて右足シュート。GK石井綾の手を弾いてゴールネットを揺らし、2-2と試合を振り出しに戻した。

 さらに甲府は後半8分、右サイドから内田が高い弾道のクロスを入れ、ファーサイドでマークを振り切ったウタカがヘディングシュート。これがゴール左に決まって3-2。一気に逆転すると、15分にはウタカのスルーパスに反応したFW森晃太がPA左から右足を振り抜く。飛び出したGK石井よりいち早く放たれたシュートは無人のゴールに吸い込まれ、スコアは4-2となった。

 後半アディショナルタイム6分には内田が直接FKを決め、甲府が5-2で逆転勝利。敗れた琉球は、J3時代の2017年9月30日に行われたC大阪U-23戦(1-0)から積み上げてきた、ホーム無敗記録がストップした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第19節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP