beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

代表2校が決定!國學院久我山が2年連続、大成は初出場へ:東京

このエントリーをはてなブックマークに追加
 22日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)の東京都予選二次トーナメント準決勝が行われ、代表校2校が決定した。

 関東高等学校サッカー大会初優勝の國學院久我山高駒澤大高と対戦。延長までもつれこんだが、MF山本航生(3年)のハットトリックにより4-2で勝利した。プリンスリーグ関東所属の帝京高大成高の一戦は、1-1のPK戦の末にPK9-8で大成が勝った。

 これでインターハイ出場校が決定。國學院久我山は2年連続10回目、大成は初出場となる。なお、決勝は駒沢第二球技場で行われ、午後4時キックオフを予定している。

【2次トーナメント】
[決勝](6月23日)
大成高 vs 國學院久我山高

[準決勝](6月22日)
帝京高 1-1(PK8-9)大成高
駒澤大高 2-4(延長)國學院久我山高

[準々決勝](6月15日)
帝京高 3-2(延長)東海大高輪台高
大成高 2-1(延長)堀越高
東久留米総合高 0-3 駒澤大高
日大豊山高 0-6 國學院久我山高


●【特設】高校総体2019

TOP