beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

トーレスは契約残して引退決断…気になる今後は「鳥栖を離れるつもりはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレス

 サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスは23日、都内のホテルで引退記者会見を開いた。現役最後の試合は8月23日にホームで行われるJ1第24節神戸戦になるが、その後も「アドバイザー」としてクラブに関わることを表明した。

 引退を表明したトーレスは会見の場で「自身のレベルを設定しているが、ベストのレベルに到達していないという疑問点があった」と明かした。それも「オプションでもう1年契約があったが、ベストなコンディションにもし到達できなくなるなら、今のレベルでサッカー人生を終えたいと思っていた」と契約を残しながらの決断だった。

 一方で、今後は「選手としては引退するが、クラブを離れるつもりはない。この先、竹原稔社長の協力の下、アドバイザーとして残ることにした」と発表。「鳥栖の成長」と「日本サッカーをさらに広げる」ことをミッションに挙げた。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP