beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

町田が土居弾で追いつくも…難敵・岡山に“初勝利”とはならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

同点ゴールを決めたMF土居柊太

[6.23 J2第19節 町田1-1岡山 町田]

 J2リーグは23日、第19節を行った。町田市立陸上競技場ではFC町田ゼルビアファジアーノ岡山が対戦し、1-1で引き分けた。

 これまでリーグ戦で8度対戦しており、戦績は3勝5分で岡山が無敗を継続している。その相性の良さが物語るように、岡山が幸先よく先手を取った。前半6分、左サイドからFW赤嶺真吾が右サイドのスペースへ大きく展開し、PA右脇からMF久保田和音がグラウンダーのクロスを供給。中央に走り込んだFWイ・ヨンジェが右足シュートを決め、スコアを1-0とした。

 なかなか決定機を作り出せずにいた町田。後半31分、途中出場のFW岡田優希が右サイドを突破し、グランダーのクロスを入れる。これをニアのMF土居柊太が右足で合わせると、GK一森純に触られながらもゴールにおさまり、同点に追いつく。さらに35分、右CKからMFジョン・チュングンがヘディングシュートを放ったが、惜しくも左ポストを叩いた。

 その後は互いに勝ち越しを目指したが、スコアは動かず1-1で勝ち点1を分け合った。町田は2試合連続引き分けで4試合未勝利(3分1敗)。岡山も2試合連続引き分けだが、6試合無敗(3勝3分)となっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第19節2日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP