beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

主将アンリが延長後半に決勝弾! 開催国フランス女子がブラジル女子撃破し準々決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス女子代表が準々決勝進出

 女子ワールドカップは23日に決勝トーナメント1回戦2日目を開催。開催国フランス女子代表はブラジル女子代表と対戦し、延長戦の末に2-1で勝利した。

 グループリーグを首位通過したフランスは3位で突破したブラジルと激突。フランスがチャンスをつくるが、得点を決め切れずに0-0で前半を折り返す。すると後半7分、FWカディディアトゥー・ディアニがPA右からクロスを放つと、FWバリエリー・ゴウバンが絶妙な動き出しでスライディングシュート。待望の先制点が生まれた。

 しかしブラジルも少しずつ反撃に出る。後半18分、MFデビーニャが右サイドからクロスを放ち、相手DFに当たってこぼれたところをMFタイーザが押し込んだ。直後にはデビーニャのオフサイドと判定が出るも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によりオフサイドラインを越えていないことが判明。主審は改めてブラジルのゴールを認めた。

 試合は1-1のまま延長戦に突入する。延長前半終了間際にはブラジルが決定機を迎えるが、フランス守備陣が体を張ってゴールを死守。するとフランスは延長後半開始1分、右サイドからのFKでPA内にボールが放り込まれると、主将のMFアマンディーヌ・アンリが左足ダイレクトで押し込み、値千金の勝ち越し弾となった。

 試合はそのまま終了し、開催国フランスが2-1で勝利。28日の準々決勝ではスペイン対アメリカの勝者と対戦する。同じくイングランドは1回戦でカメルーンに3-0で勝利し、27日にノルウェーと相まみえる。

 日本女子代表(なでしこジャパン)は日本時間26日4時に決勝トーナメント1回戦でオランダと対戦する。

【決勝トーナメント1回戦】
6月22日(土)
ドイツ 3-0 ナイジェリア [グルノーブル]
ノルウェー 1-1(PK4-1)オーストラリア [ニース]

6月23日(日)
[3]イングランド 3-0 カメルーン [バランシエンヌ]
[4]フランス 2-1(延長)ブラジル [ル・アーブル]

6月24日(月)
[5]スペイン 25:00 アメリカ [ランス]
[6]スウェーデン 28:00 カナダ [パリ]

6月25日(火)
[7]イタリア 25:00 中国 [モンペリエ]
[8]日本 28:00 オランダ [レンヌ]

【準々決勝】
6月27日(木)
(A)ノルウェー 28:00 イングランド [ル・アーブル]

6月28日(金)
(B)フランス 28:00 [5]の勝者 [パリ]

6月29日(土)
(C)[7]の勝者 22:00 [8]の勝者 [バランシエンヌ]
(D)ドイツ 25:30 [6]の勝者 [レンヌ]

●女子ワールドカップ2019特集

TOP