beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ中国]米子北が3戦ぶり白星、上位対決は作陽に軍配:第7節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019中国は22日、第7節を行った。

 首位に立つ米子北高(鳥取)はファジアーノ岡山U-18(岡山)と対戦し、MF林莞太(2年)の決勝点により3戦ぶり白星。勝ち点13で並んでいた2位・立正大淞南高(島根)は高川学園高(山口)とスコアレスドローに終わり、勝ち点差が『2』に広がった。

 3位・岡山学芸館高(岡山)と4位・作陽高(岡山)との上位対決は、MF川上陽星(3年)の2ゴールなどで作陽が4-0で完封勝ち。3位に浮上した。また、中断期間中に全国高校総体(インターハイ)出場を決めた広島皆実高(広島)が就実高(岡山)に1-0で勝っている。

【第7節】
(6月22日)
[広島皆実高サッカー場]
広島皆実 1-0 就実
[広]閑田隼人(63分)

瀬戸内 3-0 大社
[瀬]田辺利樹(37分)、ハード・デリアス(50分)、山下晴生(56分)

[高川学園高サッカー場]
高川学園 0-0 立正大淞南

[ワードシステムフィールド]
作陽 4-0 岡山学芸館
[作]川上陽星2(19分、50分)、金津伶(36分)、卯野翔輝(85分)

岡山U-18 0-1 米子北
[米]林莞太(68分)

【第8節】
(6月29日)
[就実高祇園グラウンド]
岡山U-18 11:00 作陽
就実 13:30 瀬戸内

[広島皆実高サッカー場]
広島皆実 13:30 岡山学芸館

[松江市営補助競技場]
立正大淞南 11:00 米子北
大社 13:30 高川学園

※日程は3月発表、変更の可能性あり

●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

TOP