beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イタリアが恋しい…アーセナルMFが退団希望、恩師率いるミラン移籍か

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルーカス・トレイラが退団か

 アーセナルに所属するウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(23)が退団を希望しているようだ。英『ミラー』が伝えている。

 昨夏にサンプドリアから移籍金2600万ポンド(約35億7000万円)でアーセナルに加入したトレイラは、168cmと小柄ながら球際に強く、危機察知能力、ゲームメイク能力に優れるMF。プレミアリーグ初挑戦となった今季は公式戦50試合で2ゴールを記録するなど、すでにアーセナルに欠かせない存在となっている。

 しかし、イングランドでの生活にまだ適応できていない模様。先日、「イタリアの方が良かったね。イギリスは全く違う世界で大きな国だ。言葉の壁も問題になっていて、チームメイトや周りの人々との意思疎通に問題がある。会話できないことはとても辛いよ。あと、天候もそうだ。ずっと曇っている。僕は太陽がある生活に慣れているからね」と語り、不満を漏らしていた。

 そんな中、サンプドリア時代の恩師であるマルコ・ジャンパオロ監督がミランの監督に就任したことから、イタリア復帰の噂が浮上。ジャンパオロ監督も再会を希望しているようで、トレイラは移籍志願書の提出を検討しているという。

●プレミアリーグ2018-19特集
●セリエA2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP