beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

痛恨の決定機逸…FW上田綺世「僕はまだ力が足りなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表FW上田綺世(法政大)

[6.24 コパ・アメリカGL第3節 日本1-1エクアドル ベロオリゾンテ]

 またしても、好機を得点に結び付けることができなかった。日本代表FW上田綺世(法政大)は「僕はまだ力が足りなかった。それだけです」と悔しさを滲ませた。

 出番が巡ってきたのは1-1で迎えた後半21分だった。「試合の流れを変え、得点を含めてチームをプラスの状況にする」という自らの任務を遂行しようとする。トップ下に入るMF久保建英(FC東京→レアル・マドリー)との連係でゴールに迫り、同43分にFW前田大然(松本)が投入されてシステムが4-1-3-2に変更されると、同45分に決定機が生まれる。

 久保のスルーパスから抜け出した前田が放ったシュートはGKアレクサンデル・ドミンゲスに阻まれるも、こぼれ球が上田の足元へと転がってくる。決めれば勝ち越し、そしてグループリーグ突破に近付く得点となったが、右足から放ったシュートは枠を外れてしまい、勝ち越しゴールとはならなかった。

「チームを得点という形も含めて救うことが求められていたけど、それができなくて悔しい結果になりました。あれを決めてチームを救える存在が、あそこにいるべきだった。僕はまだ力が足りなかった」

 第1節チリ戦でもチャンスに顔を出し、幾度となくフィニッシュに持ち込みながらもノーゴールに終わっていた。9年半ぶりに大学生としてA代表に選出されたストライカーは、「良く言えば、客観的に見たチャンスをこのタイミングで得て、力不足を知れたというのは良かったと思う」と気丈に答える。

 ここで下を向くわけにはいかない。裏への動き出しは南米の強国相手にも通用し、鋭い得点嗅覚を発揮したポジショニングも抜群だった。あとは、決めるだけ――。「そんな簡単じゃないと感じている」と自覚しているが、ゴールを奪うことこそがFWの仕事だ。東京五輪に向け、今回味わった悔しさを糧に成長を続けていきたい。

(取材・文 折戸岳彦)
●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集
★コパ・アメリカが観られるのはDAZNだけ!全試合を独占ライブ配信

TOP