beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

遠藤保仁の地元で元日本代表が指導するキャンプが今夏も開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加

元日本代表の遠藤彰弘氏(左)と、平瀬智行氏(右)

「サッカーキャンプ2019 in 桜島」が、今夏も開催される。9回目を数えるトレーニング合宿では、ストライカーコース、ゲームメーカーコース、GKコースの3コースから選択することが可能で、全国の小中学生(小学3〜6年生、中学1〜3年生)を対象に、8月7日から11日の4泊5日で行われる。

 コーチは、元日本代表の2人、MF遠藤保仁(G大阪)の実兄である遠藤彰弘氏と、平瀬智行氏が務める。昨年も好評だった、プロのメンタルトレーナーによるメンタルトレーニングも引き続き実施される。

 遠藤彰弘・保仁兄弟の実家を見学する“遠藤家ツアー”は、今年も行われる予定だ。

 開催にあたって遠藤保仁は「今年も僕が生まれ育った鹿児島県の桜島でサッカーキャンプが行われます。
毎年、全国各地から本当にたくさんの子供たちが桜島に集まってくれて、とても嬉しく思っています。ぜひ今年も僕や兄の彰弘コーチが毎日練習していたのと同じグラウンドで、サッカー漬けの毎日を過ごしてみてください。夏休みのとてもいい思い出になると思います。もちろん、せっかく夏のキャンプなので、楽しむことも忘れずに! いつか、桜島キャンプ出身の選手と同じピッチでプレー出来ることを楽しみにしてます!」とコメントしている。

 詳細は公式サイトまで。

TOP