beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

価値ある追撃弾も、広島DF佐々木の後悔「あそこ以外ならどこでも…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンフレッチェ広島DF佐々木翔

[6.25 ACL決勝T1回戦第2戦 広島3-2鹿島 広島広]

 2戦合計スコアで“あと1点”にまで詰め寄ったが、最後はオープンな展開の中でわずかに及ばなかった。勢いを強める2点目を挙げたサンフレッチェ広島DF佐々木翔だが試合後、「結果として次のステージに進めるようにつなげられれば良かったけど、そうならずに残念」と悔しそうに振り返った。

 攻めあぐねる場面が続いた前半から打って変わって、FWパトリックを投入した後半は広島が凄まじい勢いで王者を攻め立てた。後半21分、パトリックが先制ヘッドを決めると、同27分にはゴール前の混戦から佐々木がゴール。その後はGKの退場やカウンターからの失点を喫したが、ラストプレーで再び1点を返すなど諦めない姿勢が印象的だった。

 ただ、背番号19はやり切った様子を見せなかった。「選手が減った後もアグレッシブに行けたし、追加点が取れたのは良かった」としつつも、「次のステージに進めないことには意味がない」と結果にフォーカス。それは勝敗を分けた1点目のアウェーゴールに自身が関わったからでもある。

 前半33分、自身のクリアボールからMF土居聖真のシュートを浴びて失点。「(クリアの先が)あそこ以外ならどこでも良かったと思うし、唯一、人が居るところに落としてしまった」。そう責任を背負った佐々木は「自分が振り返ってみて、そこに焦点を当てないとなかなか消化しづらい試合だった」ときっぱりと述べた。

(取材・文 竹内達也)
●ACL2019特設ページ

TOP