beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

22年ぶり8強を喜ぶも…札幌FW鈴木武蔵が同僚にチクリ「悠人がPK外した時はどうなるかと」

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を決めた鈴木武蔵

[6.26 ルヴァン杯PO第2戦 札幌2-1磐田 札幌厚別]

 北海道コンサドーレ札幌は26日、ルヴァン杯プレーオフステージ第2戦でジュビロ磐田を本拠地・札幌厚別公園競技場に迎え、2-1で勝利。2戦合計4-2で1997年大会以来、22年ぶりの8強入りを果たした。

 19日にヤマハスタジアムで行われた第1戦を2-1で先勝した札幌は、前半5分に先制。PA右でキープしたMFアンデルソン・ロペスの折り返しをFW鈴木武蔵が右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。

「フォワードだったら打つところだったので、しっかり決めきれてよかった」と振り返った鈴木は、前半9分にカウンターの流れから相手のハンドを誘発。PKを獲得した。

「ロペスが蹴りたいと言った。復帰後初ゴールになると思ったので、復帰祝いということでプレゼントしました」と鈴木が語るように、4月28日の磐田戦で左膝靱帯を損傷し、今月14日の川崎F戦で復帰したA・ロペスがキッカーを務め、冷静にゴール左に沈めた。

 この試合2-0、2戦合計4-1とリードした札幌。前半19分にはA・ロペスがPKを獲得し、今度はMF岩崎悠人がキッカーを務めたが、渾身の右足シュートは右ポストを叩いた。逆に23分には磐田にPKを与えてしまい、FWロドリゲスに決めれて1-2となった。

 鈴木は「早い時間帯で点を取れましたが、悠人がPKを外したときは、どうなるかと思ったので90分必死に戦いました(笑)」と同僚をチクリ。札幌は磐田に押し込まれる時間もあったが、ロドリゲスのシュートがポストを叩くなど、運も味方につけて2-1で逃げ切って勝利。磐田を連破した。

 試合後のヒーローインタビューで突破を喜んだ鈴木。「まだまだクラブの歴史を塗り替えて、どんどん上を目指していきたい」と語り、サポーターに引き続き応援をお願いした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2019特設ページ
●[ルヴァン杯]POステージ第2戦 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP