beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

これぞ浦和のエース! ヘッド2発の興梠、ACL日本人最多更新23ゴール「いい時間帯に取れた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

逆転劇の主役となったFW興梠慎三

[6.26 ACL決勝トーナメント1回戦第2戦 蔚山0-3浦和 蔚山]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は26日、決勝トーナメント1回戦第2戦を行い、浦和レッズは敵地で蔚山現代(韓国)と対戦した。第1戦でアウェーゴール2発を献上した浦和は厳しい突破条件だったが、エースFW興梠慎三が貫禄の2ゴールを叩き込んだ。

 まずは0-0で迎えた前半41分だった。DF岩波拓也が縦パスを通し、右サイドを縦に仕掛けたDF宇賀神友弥が鋭いクロス。フリーの興梠がヘッドで叩き込み、前半のうちに先制に成功。さらに後半35分、右後方のDFマウリシオがアーリークロスを入れ、縦に走り込んだ興梠が再びヘッドで沈めた。

 興梠の2ゴールはACL通算22得点目、23得点目となり、自らが持つACL日本人最多得点記録を更新した。後半42分にはMFエヴェルトンがとどめのゴールを奪い、3-0、2試合合計4-2で上回った浦和が逆転ベスト8進出を決めた。

 試合後、フラッシュインタビューに応じた興梠は「厳しい試合でしたが、いい時間帯に取れて、追加点、3点目が取れたことがよかったです。疲れました」と安堵の表情。「サポーターのためにも勝利をプレゼントしたかった」。2年ぶり3度目のアジア制覇へ、「またこれから厳しい試合が続く」と気を引き締めた。

●ACL2019特設ページ

TOP