beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

仙台大MF松尾が急遽Jデビュー!横浜FCがイバ2発などで岡山に快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

イバが2ゴールの活躍

[6.29 J2第20節 横浜FC 5-1 岡山 ニッパツ]

 J2リーグは29日、第20節を行った。ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FCファジアーノ岡山と対戦。横浜FCがFWイバの2ゴールなど5得点を奪い、5-1で4試合ぶり白星をあげた。一方の岡山は7戦ぶり黒星となった。

 横浜FCは前半15分にアクシデントが発生。FW草野侑己が右腿裏を痛めて交代を余儀なくされる。代わりに入ったMF松尾佑介は、仙台大在学中で2020シーズンの新戦力として加入が内定しているMF。特別指定選手として、Jリーグデビューを果たした。

 試合が動いたのは前半41分だった。松尾のパスをセンターサークル内で受けたMFレアンドロ・ドミンゲスが前を向いてスルーパスを送る。これに反応したFWイバが抜け出し、体を開いて左足でゴール左に流し込み、横浜FCが先制した。

 さらに横浜FCは後半6分、敵陣でピッチを幅広く使ってパスを回すと、PA右手前からDF北爪健吾が柔らかいクロスを供給。PA左でフリーとなっていたレアンドロがループ気味のヘディングシュートをゴール右に決め、2-0とリードを広げた。

 反撃に出る岡山は後半16分、左サイドからカットインしたDF廣木雄磨のパスを敵陣中央で受けた途中出場のFW中野誠也が縦に仕掛けて右足ミドルシュート。対峙したDFカルフィン・ヨン・ア・ピンがブラインドとなってGK南雄太の反応が遅れ、ゴール右隅に吸い込まれた。

 リードは1点となった横浜FCが怒涛の攻撃。後半22分、左サイドからイバが上げたクロスはファーサイドに流れるが、ゴール前に走り込んだ北爪が抑えの効いた右足シュートをねじ込んで3-1。さらに24分、カウンターから右サイドを駆け上がったFW中山克広の折り返しをイバが左足で合わせ、4-1とした。

 攻撃の手を緩めない横浜FCは後半アディショナルタイム3分、レアンドロの右CKからMF田代真一がダメ押しのヘディングシュートを叩き込み、5-1。横浜FCが快勝した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第20節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP