beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チェルシーがイグアインら5選手の退団発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェルシーが5選手の退団発表

 チェルシーは1日、契約満了に伴い、DFガリー・ケーヒル(33)とFWゴンサロ・イグアイン(31)、GKロバート・グリーン(39)、GKエドゥアルド(36)、MFカイル・スコット(21)の退団することを発表した。

 2012年1月にボルトンから加入したケーヒルは、2年間キャプテンを務め、在籍7年半で公式戦291試合に出場し、25ゴールを記録。8つの主要タイトルを獲得した。クラブは公式サイトで「彼はファンに惜しまれつつもこのチームを去ることになる」と感謝した。

 イグアインは、今年1月にユベントスから期限付き移籍で加入。ナポリ時代の監督であるマウリツィオ・サッリ前監督と再びタッグを組み、公式戦18試合5ゴールを記録した。第3GKとしてチームを支えたグリーンは、ヨーロッパリーグ決勝後に現役引退を表明。2018年7月に加入も出番はなかった。

 2016年8月にディナモ・ザグレブから加入したエドゥアルドは、2018年7月に出場機会を求めてフィテッセに期限付き移籍。オランダで公式戦34試合に出場したが、チェルシーでの出場はなかった。下部組織育ちのスコットは、2017-18シーズンにトップチームに昇格。2018年7月にはテルスター(オランダ2部)に期限付き移籍していた。

●プレミアリーグ2019-20特集

TOP