beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“レアルのメッシ”久保建英を伊紙が特集、ジダンに注文も「1年目は簡単ではないが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

“レアル・マドリーのメッシ”久保建英

 レアル・マドリーへ移籍する日本代表MF久保建英について、イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』が特集を組み、その将来に期待を寄せている。

 今夏、レアルへ移籍する久保について、イタリア紙は、「レアルの日本人選手タケフサ・クボ…18歳の逸材」との見出しで特集。「それぞれにとって“メッシ候補”がいるものだが、レアル・マドリーでも同じだ。未来の“ラ・プルチェ(イタリア語でノミの意味でリオネル・メッシの愛称)”は、日本からやって来る18歳のタケフサ・クボだ」などと紹介している。

 さらに久保について、「良い成績を残すためのすべてを兼ね備えている。素晴らしい左足を持ったトップ下の選手だ」などと説明。また10歳のときにバルセロナの下部組織に加入したことや、クラブの規定違反により日本への帰国を余儀なくされ、FC東京へ移籍したことなども付け加えられている。

 久保は来シーズン、元スペイン代表FWラウル・ゴンサレスが率いるレアルのBチーム、カスティージャでプレーすることになる。

 イタリア紙は18歳MFのスペインでの挑戦について、「1年目ですぐに結果を出すことは決して簡単ではないが、成長の時間は十分にある。また日出ずる国では彼のことを応援しているはずだ」との見解を示している。

 だが久保の成長に関し、トップチームの指揮官ジネディーヌ・ジダン監督が責任を負うべきであると指摘。「ジダンは彼に目を光らせ、プレッシャーをかけずに成長をさせる任務を背負う」と述べている。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP