beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「バロテッリではなく…」規律違反常習の19歳キーンに父が見解

このエントリーをはてなブックマークに追加

モイーズ・キーンの父親が息子を心配

 ユベントスに所属するイタリア代表FWモイーズ・キーンの父ビオル・ジェン・キーン氏は、ユベントス情報サイト『JuveNews』のインタビューの中で、息子がFWマリオ・バロテッリの二の舞になることに懸念している。

 19歳のキーンは昨夏、ベローナでの武者修行を終えてユベントスに復帰。徐々に頭角を現して、公式戦17試合に出場7得点を挙げる活躍を見せた。イタリア代表においても、3月のEURO2020予選ですでに2ゴールをマークして、注目を集めた。

 だが東京五輪出場権が懸かったU-21欧州選手権(EURO)の合宿中、ローマのMFニコロ・ザニオーロとともに10回にわたって遅刻を続けたため、指揮官だったルイジ・ディ・ビアージョが懲罰として直後の試合でキーンの起用を見送る判断を下した。

 キーン父はこれについて、「指揮官は教育者でもあり、チームにとって父親のような存在だ。ディ・ビアージョの判断は素晴らしかった。私なら教訓にできるように、ディ・ビアージョよりももっと厳しいことをしたかもしれない」と述べ、ディ・ビアージョを支持した。

 キーンは同じくアフリカにルーツを持つイタリア人FWバロテッリと比較されることが多い。またキーン自身も『Soccer Bible』のインタビューにおいて、バロテッリが自身のアイドルだったことを明かしている。

 しかしジェン氏は、ピッチ内外での問題行動が目立ち、才能を十分に開花できなかったバロテッリではなく、ユベントスの同僚FWクリスティアーノ・ロナウドバルセロナのFWリオネル・メッシを模範として欲しいと考えているようだ。「当初、息子にはバロテッリのような行動をとらないように言ったのだが。バロテッリではなく、C・ロナウドやメッシを真似しなければならない」と訴えた。

●セリエA2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP