beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宿敵に敗れて敗退も…アルゼンチン代表DFタグリアフィコ「良いトーナメントだったよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWガブリエル・ジェズスを止めるDFニコラス・タグリアフィコ

 アルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコは、決勝進出を逃すも良い大会だったと振り返っている。

 2日に行われたコパ・アメリカ2019準決勝で、宿敵ブラジルと対戦したアルゼンチン。公式戦14年ぶりの“スーペル・クラシコ”勝利を目指したが、前後半にそれぞれ失点。バーやポストを叩くシュートもあったが決めきれず、0-2で敗れて準決勝敗退となった。

 ここまで全試合に先発してきたタグリアフィコは、敗退を悔やみつつも、この経験を今後に活かす必要があると語っている。

「相手はより効果的だった。チャンスはあったが、うまく活かせなかった。僕らも相手も良いプレーをしたよ」

「これまで以上に団結するために、この大会の経験を役に立てなければならない。一緒に成長していく必要があるんだ。敗れはしたが、良いトーナメントだったと思うよ」

 敗れたアルゼンチンは、6日に行われる3位決定戦へと回ることになる。

●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集
★コパ・アメリカが観られるのはDAZNだけ!全試合を独占ライブ配信
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP