beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

茨城国体「ウイイレ」部門でルール変更、選択可能チームから“欧州王者”が選択不可に

このエントリーをはてなブックマークに追加

“欧州王者”がチーム選択不可に

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」(茨城国体)の文化プログラムとして行われる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」の「ウイニングイレブン」(ウイイレ)部門で6月28日、都道府県代表決定戦の選択可能チームに変更があったことが発表された。2019年7月1日以降、リヴァプールFCが選択不可となっている。

 また、コナミデジタルエンタテインメントは6月28日に公式サイト上で、16年から締結していたリヴァプールFCとの契約が19年6月30日をもって終了することを発表。それに伴い、開催中の各eスポーツ大会での使用チームにおいて、19年7月1日以降はリヴァプールFCが使用不可になったという。なお、ゲーム内でのリヴァプールFCの使用に関しては変更はなく、今後も選手獲得や獲得済みの選手は利用ができる。

 現在、茨城国体ウイイレ部門の都道府県代表決定戦で使用可能のチームは18チーム。大会で使用できるすべてのチームの在籍選手は全員の総合能力が同じ水準に均一化されており、すべての使用可能なチームで能力上の差異はほとんどない。もともとスピード系の能力が突出して高いなど、選手それぞれの個性は総合能力の均一化に際して可能な限り維持するよう調整はされている。

■以下、選択可能チーム
FCバルセロナ
シャルケ04
ACミラン
インテル
ASモナコ
セルティック
レンジャーズ
コリンチャンス
フラメンゴ
パルメイラス
サンパウロ
ヴァスコダガマ
コロコロ
ボカジュニオルス
リーベルプレート
アリアンサリマ
スポルティング クリスタル
インデペンディエンテ

以下、茨城国体「ウイイレ部門」特集ページ
https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?267223-267223-fl


●茨城国体 全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019ウイイレ部門

TOP