beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J1首位・FC東京が辛くも3回戦へ! 川崎F内定イサカ擁する桐蔭横浜大は猛攻及ばず…

このエントリーをはてなブックマークに追加

何度も決定機を迎えたFC東京FW矢島輝一

[7.3 天皇杯2回戦 FC東京1-0桐蔭横浜大 味スタ]

 第99回天皇杯は3日、2回戦を各地で行い、FC東京(J1)が桐蔭横浜大(神奈川)を1-0で破った。J1首位のFC東京は前半をスコアレスで終える、組織的に戦う大学生チームを相手に大いに苦しんだが、後半立ち上がりに奪った1点を最後まで守り切った。

 ホームのFC東京はこれまで出番の少なかったメンバー中心の構成。リーグ戦出場ゼロのGK児玉剛、DF丹羽大輝、DF中村拓海、MF内田宅哉も先発に並び、主力を担ってきた選手で先発に入ったのはMF橋本拳人のみとなった。

 対する桐蔭横浜大は1回戦の山形大医学部戦(○8-0)から先発3人を入れ替え、主将のDF眞鍋旭輝(4年=大津高)、MF鳥海芳樹(3年=桐光学園高)、FW滝沢昂司(4年=桐生一高)を起用。川崎F内定のMFイサカ・ゼイン(4年=桐光学園高)も先発した。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半は一進一退の攻防。共に4-4-2のフォーメーションで臨む中、個人能力の差を連動性で補う桐蔭横浜大の奮闘が目立つ。前半17分には、サイド攻撃から相手を深く押し込み、滝沢とFW下村司(4年=市立船橋高)がビッグチャンスをつくった。

 対するFC東京は前半20分、橋本がワンツーからペナルティエリアに攻め込み、左足ボレーシュートを狙ったが枠に嫌われ入らない。さらに同22分、MFユ・インスの左CKにFW矢島輝一が頭で合わせたが、これも桐蔭横浜大の守備陣に阻まれた。

 やや劣勢になってもカウンター狙いで脅威を見せる桐蔭横浜大は前半34分、鳥海のロングドリブルから好機を演出するが、最後の精度を欠いて先制ならず。FC東京は同42分、内田のカットインシュートはGK早坂勇希(2年=川崎F U-18)に阻まれ、こぼれ球にMFアルトゥール・シルバが詰めてネットを揺らすも、オフサイドに終わった。

 それでもスコアレスで迎えた後半5分、FC東京がようやくスコアを動かす。DF岡崎慎のスローインから左サイドを崩すと、矢島のパスが内田のもとへ。一歩抜け出した内田がシュートを狙い、ニアサイドを撃ち抜いた。FC東京U-18から昇格3年目の内田はこれがトップチーム初ゴールとなった。

 1点を追う桐蔭横浜大は後半17分、最初の交代カードを使って下村に代わってFW松本幹太(3年=東京Vユース)を投入。すると同18分、松本の右CKにDF岩下航(3年=前橋育英高)が反応し、セカンドボールを拾ったMF橘田健人(3年=神村学園高)がミドルレンジから狙ったが、FC東京の守備ブロックに阻まれた。

 さらに攻勢を強める桐蔭横浜大は後半21分、橘田のクロスに鳥海がダイビングヘッドで合わせ、またも決定機を創出。苦しむFC東京は同27分、内田と丹羽を一気に下げ、リーグ主力のFW永井謙佑とDF小川諒也を入れた。桐蔭横浜大は同28分、鳥海に代えてFW篠原友哉(2年=関東一高)を投入した。

 その後は桐蔭横浜大がボールを握り、右サイドに開いたイサカを中心に攻撃を組み立てる。FC東京は後半34分、決定的なシュートを外してサポーターからブーイングを受けていた矢島に代わり、FWジャエルを入れた。桐蔭横浜大は同40分、最後の交代カードで滝沢に代わってFW寺沼星文(1年=FCトリプレッタユース)を送り込んだ。

 なかなかアタッキングサードでの連係が続かない桐蔭横浜大だが後半45分、右サイドからの斜めのパスを受けた寺沼が右足で狙い、相手のブロックを誘ってサイドネットを強襲。ところが、最後まで猛攻は実らず、1ー0でタイムアップを迎えた。勝利したFC東京は3回戦でヴァンフォーレ甲府(J2)と対戦する。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●第99回天皇杯特設ページ
●[天皇杯]2回戦1日目 スコア速報

TOP