beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-15日本代表の軸は技巧派MF「鹿児島の大迫」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-15日本代表の10番を背負ったMF大迫塁

 チーム結成から競争を促すために大きくメンバーを入れ替えながらの招集を重ねているU-15日本代表だが、徐々に軸となる選手も見えてきつつある。その一人が、今回の練習試合で10番を背負った大迫塁(神村学園中)だ。

 ボランチの位置から巧みにスペースを見付けてボールを運び出せる選手で、後方からのビルドアップで中心となるだけでなく、ゴール前まで進出した上での鋭いキックからチャンスを演出できる技巧派のMF。「相手のプレッシャーはキツかったけど、簡単にいなしたりもできたのは良かった」と振り返ったように、冷静に相手のプレスを外すプレーも光った。またこの試合は軸足が滑って不発だったが、キレのあるFKも持っている。

「キャプテンをさせてもらっているので、自分が中心にならないといけないと思っている。周りへの声がけもそうだし、誰よりもハードワークしないといけないと思ってやっている」と自覚十分に語るように、守備でも手を抜かずに奮闘する。

 目標とする選手に挙げるのは日本代表MF柴崎岳。「視野の広さが凄いし、守備も本当に上手い」と言う憧れのボランチのプレーを意識して日々のトレーニングから自分を磨き続け、世界を目指す。

(取材・文 川端暁彦)

TOP