beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宿敵との“太平洋クラシコ”制し決勝へ。ゲレーロ「僕たちは決勝進出にふさわしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダメ押しの3点目を決めたFWパオロ・ゲレーロ

 コパ・アメリカ準決勝で宿敵チリ代表に3-0と完勝し、決勝進出を果たしたペルー代表。試合を決定づけるチーム3点目を決めた主将FWパオロ・ゲレーロの試合後コメントを、ペルーのメディア『RPP』が伝えている。

「チームメイトたちのことをとても誇らしく思う。このチームはこの試合での目標を達成した。選手たちが全力を尽くして戦ってくれたことに喜びを感じている。僕たちは決勝進出にふさわしいチームだ」

 キャプテンとしてチーム全体をそのように称賛したゲレーロは、自身のプレーについても言及した。

「僕自身もチームのためにプレーした。僕自身にゴールチャンスが訪れれば、それはもちろん歓迎すべきことだけど、チームとしての目標を達成できたので、それだけで満足だ」

 ペルーとチリの対戦は「太平洋クラシコ」と称され、常にライバル関係をむき出しにした試合となる。ゲレーロは今回の「太平洋クラシコ」を総括しつつ、決勝のブラジル戦への意気込みも語った。

「チリとのクラシコはいつも難しい試合になるが、今回は完勝だ。キックオフ直後から集中力を切らさずに戦うことができた。これで決勝進出だ。少し休んでからブラジル戦のことを考えていきたい。とても難しい試合になるだろうからね」

 ブラジルとペルーの決勝戦は、現地時間7月7日にマラカナンスタジアムで行われる。

●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集
★コパ・アメリカが観られるのはDAZNだけ!全試合を独占ライブ配信
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP