beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

中島翔哉のポルト移籍が正式決定! 契約解除金は約100億円…アルドゥハイルと“共同保有”に

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF中島翔哉がポルトに移籍

 ポルトは5日、アルドゥハイルに所属する日本代表MF中島翔哉(24)の獲得を発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間。背番号は8に決定している。

 中島は2017年8月にFC東京からポルティモネンセに加入し、1年目の2017-18シーズンはリーグ戦29試合で10得点を記録。2年目の2018-19シーズンもリーグ前半戦で13試合5ゴールの活躍を見せると、今年2月にカタール1部のアルドゥハイルへ完全移籍した。移籍金は日本人史上最高額の3500万ユーロ(約43億円)とされている。

 ポルトガル『レコルド』によると、ポルトはアルドゥハイルに1200万ユーロ(約15億円)を支払い、50%の保有権を取得。ポルトとアルドゥハイルで共同保有する形になるようだ。また、中島の契約解除金は8000万ユーロ(約97億円)に設定された。

 ポルトは過去28回のリーグ優勝を誇るポルトガルの名門クラブ。昨季は2位で終え、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)予選3回戦の出場権を獲得している。

●海外組ガイド
●ポルトガル・リーグ2019-20特集

TOP