beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

磨いてきたシュートストップで世界へ。柏U-18はU-17代表正GKの座争う佐々木が雨中で好守連発

このエントリーをはてなブックマークに追加

柏レイソルU-18はU-17日本代表GK佐々木雅士が好守を連発

[7.7 高円宮杯プレミアリーグEAST第9節 流通経済大柏高 2-2 柏U-18 流通経済大柏高]

 余程のコースに打たれなければ、止めてしまうような雰囲気があった。柏レイソルU-18はU-17日本代表GK佐々木雅士(2年)がゴール前で抜群の存在感。雨中で難しい環境だったことは間違いないが、前半からクロスへの反応、シュートストップで代表GKの実力を見せつけていた。

 特にシュートストップでは、「あそこで止めるのがGKの役目」とコースを突いた一撃に鋭く反応。一方で枠を捉えたミドルシュートを状況判断してパンチで弾くなど、雨中で的確な対応を続けていた。

 ただし、後半は一瞬判断が遅れた隙を突かれて流通経済大柏高FW森山一斗(2年)にスーパーミドルを決められ、終了間際にもゴール前のこぼれ球を押し込まれる形で失点。2度のリードを守り切れず、「勝たせられなかったというのは一つの反省かなと思います」と悔しがっていた。

 2月に怪我をして離脱。その間先輩GK志賀一允(3年)がチームを支えてきた。だが、佐々木は今月、プレミアリーグ再開初戦となった大宮ユース戦から3試合連続で先発出場。前節は“まるでカシージャス”という評価されるほどのプレーでチームを勝たせ、この日も光るプレーが多かった。

 本人は怪我から復帰した後の変化を口にする。「ボールを凄く見れているなというのが自分の中でも感じていて、きょうの試合の前半もボールが見れていたし、ポジショニングも構え方もできていたので止められたのかなと思います」。世代屈指のGKは復帰後、練習から手応えを感じているプレーを試合でも表現している。

 今年の大きな目標はU-17ワールドカップ出場だ。GK鈴木彩艶(浦和ユース)、GK山田大樹(鹿島ユース)、GK野沢大志ブランドン(FC東京U-18)らU-17代表のGK争いはかなりハイレベル。佐々木は怪我を抱えているために、選出されていた国際ユースin新潟出場は辞退するが、コンディションを向上させてもう一度代表の守護神の座に挑戦する。

「常に目指している場所なので、自分がワールドカップに行くだけでなく出られるようにしたい。一番はシュートを止められることが大事だと思うのでもっと磨いていきたいと思います」という佐々木がチームの勝利、代表のレギュラー奪取のために今後も、止め続ける

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集

TOP