beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

1位は驚愕の…中国史上“最も高価な選手”は?AFCが移籍金トップ10を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

上海上港に所属するFWフッキとMFオスカル

 アジアサッカー連盟(AFC)が9日、公式ツイッター(@TheAFCCL)を更新し、中国の移籍金ランキングを投稿。驚愕の移籍金がズラリと並んだ。

 AFCによると、中国行きにあたり最も移籍金が発生した選手は、2017年にチェルシーから上海上港に加入したMFオスカルの6000万ユーロ(約73億円)だという。次点にはオスカルと同じく上海上港に所属するFWフッキの5580万ユーロ(約68億円)となった。

 3位は16年にウクライナのシャフタールから江蘇蘇寧に加入したFWアレックス・テイシェイラの5000万ユーロ(約61億円)、4位にはアトレティコ・マドリーから広州恒大へ移籍したFWジャクソン・マルティネスの4200万ユーロ(約51億円)が続いた。

 また、8日にウエスト・ハムから上海上港入りが決定したFWマルコ・アルナウトビッチは、移籍金2500万ユーロ(約30億円)で中国歴代移籍金ランクでは9位にランクインしている。

 AFCが公式ツイッターに投稿した中国移籍金ランキングは以下の通り。

1位:オスカル 6000万ユーロ(約73億円)
[チェルシー→上海上港/2017年]

2位:フッキ 5580万ユーロ(約68億円)
[ゼニト→上海上港/2016年]

3位:アレックス・テイシェイラ 5000万ユーロ(約61億円)
[シャフタール→江蘇蘇寧/2016年]

4位:ジャクソン・マルティネス 4200万ユーロ(約51億円)
[アトレティコ・マドリー→広州恒大/2016年]

5位:パウリーニョ 4200万ユーロ(約51億円)
[バルセロナ→広州恒大/2019年]

6位:セドリック・バカンブ 4000万ユーロ(約48億円)
[ビジャレアル→北京国安/2018年]

7位:アントニー・モデスト 2900万ユーロ(約35億円)
[ケルン→天津権健/2017年]

8位:ラミレス 2800万ユーロ(約34億円)
[チェルシー→江蘇蘇寧/2016年]

9位:マルコ・アルナウトビッチ 2500万ユーロ(約30億円)
[ウエスト・ハム→上海上港/2019年]

10位:オディオン・イガロ 2330万ユーロ(約28億円)
[ワトフォード→長春亜泰/2017年]

※現在のレートで換算

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2019特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP