beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

フランクフルト、昨季躍進の立役者がまたも流出へ…ウエスト・ハムが48億支払いか

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWセバスティアン・ハーラーがウエスト・ハム移籍か

 ウエスト・ハムフランクフルトのFWセバスティアン・ハーラーの獲得に近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

 ハーラーは昨季、ブンデスリーガで15ゴール、UEFAヨーロッパリーグ(EL)で5ゴールをマークするなど、躍進に貢献。ルカ・ヨビッチ、アンテ・レビッチとともに強力なトライアングルを形成し、ELベスト4の立役者となった。

 しかし今夏、フランクフルトは“草刈場”と言える状況に。ヨビッチはレアル・マドリーへとステップアップし、レビッチもアトレティコ・マドリー移籍が濃厚に。ハーラーも彼らに続くことが決定的となり、強力ユニットは完全解体となりそうだ。

 ウエスト・ハムはマルコ・アルナウトビッチが中国へと去り、ストライカーを探し求めていた。ゴンサロ・イグアインやマキシ・ゴメスなどもリストアップしていたが、4000万ユーロ(約48億7000万円)でハーラー獲得が濃厚となっている。

 契約は2024年までの5年契約となる見込み。ハーラーにとっては初のプレミアリーグ挑戦となる。

●ブンデスリーガ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP