beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川真司がドルトムント合流&親善試合で即ゴール!地元紙も驚き「まだトレーニングを終えてないが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF香川真司がドルトムントに合流

 日本代表MF香川真司は、ドルトムントのプレシーズンに合流し、親善試合で早速ゴールを挙げた。

 昨季ルシアン・ファーブル監督の下で構想外となり、半年間はベシクタシュで過ごした香川。新シーズンも指揮官のプランに入っていないと見られており、移籍先を探すためにトレーニングへの合流を遅らせることが許可されていた。ミヒャエル・ツォルクSDも「新しいクラブを探している。これに関しては(本人たちと)同じ目標を目指している」と語るなど、移籍は決定的と伝えられている。

 そんな香川だが、12日にドルトムントのプレシーズンに合流。シュバインベルクへの遠征に参加している。これには地元紙『ルール・ナーハリヒテン』も、「驚くべきことに、まだトレーニングセッションを終えておらず、他の場所でキャリア続行を目指すシンジ・カガワがフライトに搭乗していた」と、驚きを持って伝えている。

 そして、シュバインベルクとの親善試合に後半15分から出場し、1ゴールを奪っている。背番号は32を着用していた。なお、この試合ではマリオ・ゲッツェは先発出場したが、U-23チームのメンバーが多く先発していたようだ。

 これまでベシクタシュへの復帰やセルタ、ヘタフェなどリーガ移籍の可能性が伝えられている香川。来季はどのクラブでプレーすることになるのだろうか。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集
●トルコ・スーパーリーグ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP