beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バイエルン、サネ&ペペに200億円投資で獲得間近か…文字通りのビッグサマーに

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンがMFリロイ・サネ獲得間近か

 バイエルンがMFリロイ・サネら大型補強を間もなく完了するようだ。イタリア『トゥットメルカートウェブ』が報じた。

 バイエルンは昨季限りでアリエン・ロッベンフランク・リベリが退団。リュカ・エルナンデスとバンジャマン・パバールと、2人のフランス代表DFを迎え入れた一方で、前線の補強はいまだ実現していない。

 そんな中、『トゥットメルカートウェブ』のジャーナリスト、タンクレディ・パルメーリ氏は、バイエルンが数時間中にマンチェスター・シティのサネ、リールのニコラ・ペペの獲得を発表すると伝えた。前者は昨季、リーグ戦31試合で10ゴール10アシスト、後者はリーグアン38試合で22ゴール11アシストと、輝かしい成績を残している。

 ともにバイエルンが長く追いかけてきたターゲットだが、クラブはそれぞれ9000万ユーロ(約110億円)、7500万ユーロ(約91億円)を費やす見込み。すでに市場に1億ユーロをつぎ込んでいるだけに、近年は堅実補強を続けてきたバイエルンにとってまさに“ビッグサマー”となる。

 すでにバイエルンにはセルジュ・ニャブリとキングスレイ・コマンがウィンガーとして控えており、昨季も主力として活躍。さらに、前述の2人が加わることとなれば、選手層に厚みが出ることになりそうだ。

●ブンデスリーガ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP