beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

白熱の一戦!磐田がロドリゲス終盤V弾で松本撃破、鈴木体制リーグ初勝利で最下位脱出

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を挙げた磐田FWロドリゲス

[7.13 J1第19節 松本0-1磐田 サンアル]

 J1リーグは13日、第19節を行った。サンプロアルウィンでは松本山雅FCジュビロ磐田が対戦。FWロドリゲスの決勝点により1-0で磐田が逃げ切った。

 6日に行われた第18節札幌戦を1-1で引き分け、5試合未勝利(2分3敗)となった松本。今節は同じ11人を送り出し、第13節名古屋戦(1-0)以来の白星を目指した。鈴木秀人体制初陣となった鹿島戦を0-2で落とした磐田は、MF山田大記とFWロドリゲスに代え、MFアダイウトンとMF森谷賢太郎をスタメンで起用した。

 勝ち点17で17位の松本と、同14で最下位の磐田による下位直接対決。前半7分、松本は左CKからMF宮阪政樹がクロスを入れ、FW高崎寛之が競り合って頭で合わせる。これは枠を外れていたが、右ポスト付近に飛び込んだFW前田大然が右足で押し込んでゴールネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定となり、得点は認められなかった。

 前半は互いにアグレッシブな守備から攻撃につなげるもスコアは動かず、スコアレスのまま後半へ。均衡が続く中、磐田は19分に中山を下げてロドリゲスを投入。先制点を狙って攻勢を強めた。

 対する松本は後半23分、左クロスからPA内で高崎がつないで前田が右足シュートを放つが、わずかにゴール左。直後にはGKカミンスキーのクリアをPA手前で受けたMF杉本太郎が右足シュートを放つが、カバーに入ったDF大井健太郎にブロックされ、チャンスを逃した。

 球際での白熱のバトル、集中した守備で互いに得点を許さず、このまま試合は終了するかと思われた。だが、磐田は後半40分、MF上原力也がドリブルで中央を駆け上がり、縦にスルーパスを送る。これを受けたロドリゲスがDF今井智基のプレスを受けながらも強引にPA右へ持ち込み、右足を振り抜く。鋭いシュートがゴール左に突き刺さり、磐田が1-0で勝った。

 磐田は鈴木監督体制でリーグ初勝利。連敗を『3』で止め、7試合ぶりを白星を挙げ、最下位を脱出した。一方の松本は6試合勝利なし(2分4敗)となっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第19節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP