beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ちょっと時間はかかりましたが…」矢島が移籍後初ゴール!G大阪が土壇場で清水に競り勝つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を挙げたG大阪MF矢島慎也

[7.13 J1第19節 G大阪1-0清水 パナスタ]

 J1リーグは13日、第19節を行った。パナソニックスタジアム吹田ではガンバ大阪清水エスパルスが対戦。終了間際のMF矢島慎也のゴールによりG大阪が1-0で競り勝った。

 7日に行われた第18節FC東京戦(1-3)で7戦ぶり黒星を喫したG大阪は、MF高江麗央とFWアデミウソンに代えてMF福田湧矢とFW食野亮太郎を起用した。清水は6日の神戸戦(2-1)から1人を変更。出場停止のDFファン・ソッコに代え、DF立田悠悟がスタメンに入った。

 G大阪は前半5分、左クロスをFWファン・ウィジョが後方に落とし、PA手前からMF矢島慎也が右足を振り抜く。地を這うようなミドルシュートだったが、わずかにゴール左に外れる。14分には、左サイド深くからFW中村敬斗がクロスを入れ、クリアボールに反応したMF小野瀬康介がPA手前から右足シュートを放つが、枠を捉えきれなかった。

 対する清水は前半16分、ハーフェーライン付近でボールを奪って素早く前線のFWドウグラスへ。ドウグラスはPA左まで運んで右足シュートを放つが、GK東口順昭がセーブ。27分には、右サイド深くから上がったクロスをドウグラスが右足ボレーで合わせるが、ゴール右に外れた。

 前半はスコアレスで終了。G大阪が押し込む展開が続く中、後半11分に小野瀬に代えてMF遠藤保仁をピッチに送り込む。対する清水は12分、MF河井陽介を下げてMF金子翔太、23分にはMF西澤健太をMF六平光成に代えた。

 G大阪は後半32分、相手のクリアボールをPA右でブロックし、福田が中央へ折り返す。パスを受けた途中出場FWアデミウソンがPA左へラストパスを送り、中村が右足シュートを放つがGK西部洋平がセーブ。34分には、左サイドからファン・ウィジョがPAへ斜めにドリブルで仕掛け、右足シュートを放つ。決まったかと思われたが、惜しくも右ポストを叩き、チャンスを逃した。

 それでもG大阪がホームで意地をみせる。後半43分、右サイド深くから福田がマイナスに折り返し、MFヘナト・アウグストに足を滑らせながらもカットされたが、こぼれ球に反応したMF矢島慎也が右足シュートを沈め、待望の決勝点を奪った。1-0で逃げ切ったG大阪は2試合ぶりの白星。清水は連勝とはならなかった。

 昨季加入した矢島は、出場機会を求めて昨年6月に仙台に期限付き移籍。復帰した今季は、ここまでリーグ14試合に出場し、決勝点はうれしい移籍後初ゴールとなった。試合後のヒーローインタビューで矢島は「いいボールがこぼれてきた。何も考えず振り抜きました。ちょっと時間はかかりましたが、ホームで決められてうれしいです」と笑みをみせた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第19節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP