beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「やばいことを教えた」セリエAの大先輩FW森本が冨安にアドバイス

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW森本貴幸がDF冨安健洋にエール

[7.14 J2第22節 町田0-2福岡 町田]

 シントトロイデン(ベルギー)からボローニャ(イタリア)への移籍が決まった日本代表DF冨安健洋に対し、セリエAの大先輩であるアビスパ福岡のFW森本貴幸がアドバイスを送っていたようだ。14日に敵地で行われたJ2第22節・町田戦(2-0)後に明かした。

 森本は東京V下部組織時代の2004年に当時Jリーグ史上最年少の15歳10か月6日で公式戦デビューを果たし、2006年にカターニア(イタリア)へ移籍。その後、ノバーラ(イタリア)やアルナスル(UAE)でもプレーした。セリエAでは通算104試合に出場し、19得点を記録。2013年の千葉移籍で7年ぶりにJリーグへ復帰し、2016年の川崎F移籍を経て、昨季から福岡に加入した。

 ボローニャ移籍が決定した冨安は先日、2017年まで所属した古巣の福岡のトレーニングに参加したという。その時に何かアドバイスを送ったかと問われた森本は「言えることは…、記者さんに言えるようなことは教えてないです(笑) やばいことしか言ってないです(笑)」と冗談まじりに明かしている。

 会話の内容については「別に特にそんな話はせずに『頑張ってね』と。『言葉とかしっかり準備して頑張って。応援してるから』というのは伝えました」と多くを語らなかったが、「何かの縁があって、こうやって一緒に練習ができた。(自分と)同じくらいの年齢でセリエAに行ったので、本当に頑張ってほしいし、ボローニャも良いクラブなので本当に応援しています」と後輩の活躍に期待を寄せた。

(取材・文 阿部哲也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第22節2日目 スコア速報
●海外組ガイド
●セリエA2019-20特集

TOP