beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保建英は11歳で完璧なスペイン語を話していた! 現地紙がバルサ時代の映像公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペイン紙からの注目も高まるMF久保建英

 レアル・マドリーに加入し、トップチームのプレシーズンツアーに帯同している日本代表MF久保建英の注目度は日増しに高まっている。スペイン『アス』はバルセロナの下部組織時代の久保の映像とともに、当時からスペイン語が堪能だったと紹介している。

 カスティージャ(Bチーム)の所属だが、北米で行うプレシーズンツアーに帯同している久保。世界的スター選手が多く在籍する中でも持ち味を発揮し、ミニゲームでゴールを決めるなど存在感を示している。流暢にスペイン語を話し、チームメイトと交流できる語学力も久保の強みだ。

 スペイン『アス』は久保がバルサの下部組織「ラ・マシア」に加入して間もない頃、『バルサTV』のインタビューに応じた映像を公開している。

 その中で、若き頃の久保は「3点取ることができてうれしい」と語り、「(バルセロナこそが)世界でナンバーワンのチームです」とコメント。インタビューの後半では「強くプレスをかけたけど、最初は試合をコントロールできなかった。だけど後半に入って3得点したあとは、僕たちが試合をコントロールできた」とスペイン語で試合を振り返っている。

 バルサのユニフォーム姿でインタビューに応じる11歳の久保について、記事では「完璧なスペイン語」と紹介。「彼のスペイン語とサッカーの理解力のレベルの高さは、この年齢とは思えないものだった」と賞賛している。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

TOP