beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルセロナ加入の安部裕葵が会見、“友人”久保建英に「何でも聞いています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

取材に応じるバルセロナMF安部裕葵

 バルセロナに移籍加入したMF安部裕葵は17日、クラブハウスで会見を行った。バルサBチームの公式インスタグラム(@fcbarcelonab)は記者陣に囲まれ、取材に応じる安部の写真を投稿している。

 スペイン『アス』によると、安部はバルサ加入の印象について「クラブの大きさを感じています」とコメント。スペイン3部リーグ所属のバルサBチームに所属するが、「このクラブに期待を感じる。早ければ早いほど良いですが、時期は問わず、トップチームに早く上がれるように努力したい」と抱負を語った。

 会見ではバルサの下部組織で育ち、今夏、ライバルのレアル・マドリーに移籍したMF久保建英に関する質問も飛んだ。「バルサについて久保に聞いたか?」と聞かれると、「代表で知り合う前からプライベートでも仲が良い友人。プライベートなことも話してきたので、彼から何でも聞いています」と答えた。
 
 安部はこの日、午前に行われた練習で右腰部を負傷。会見後に行われた午後の練習は不参加だった。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP