beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

憲剛→ダミアン決勝ゴール!! 川崎Fがチェルシーを下す

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎フロンターレが勝利した

[7.19 Jワールドチャレンジ2019 川崎F1-0チェルシー 日産ス]

 Jリーグワールドチャレンジ2019が19日、日産スタジアムで行われ、川崎フロンターレチェルシーを1-0で勝利した。MF中村憲剛のアシストでFWレアンドロ・ダミアンが決勝ゴールを挙げた。

 川崎Fは14日のJ1第19節FC東京戦(○3-0)から2人を変更。MF家長昭博とMF守田英正が先発に戻り、守田は右サイドバックを担った。チェルシーはDFダビド・ルイス、DFセサル・アスピリクエタ、MFマテオ・コバチッチらが先発した。[スタメン&布陣はコチラ]

 川崎Fは前半10分、DF登里享平がワンツーの形から左サイドを駆け上がり、左足でクロスを配給。これはD・ルイスがクリアしたが、流れたボールに家長が反応。家長は左足ダイレクトで狙ったが、これはGKウィリー・カバジェロの正面を突いた。

 チェルシーは素早い攻守の切り替えから立て続けにゴールに迫り、前半17分にはワンツーの形で抜け出したFWミヒー・バチュアイがシュートを打ったが、わずかにゴール右へ。MFケネディがミドルやバイシクルシュートで狙ったが、いずれも枠外。川崎FもDFジェジウらを中心に堅守で耐え、45分には家長がPA右手前から左足で狙ったが、GKカバジェロに阻まれた。

 0-0で折り返した後半開始、両チームともに5人を変更。川崎Fは4-4-2に変更し、ダミアンとFW知念慶が2トップを形成。右サイドハーフにMF脇坂泰斗、左サイドにMF長谷川竜也。右サイドバックにはDF馬渡和彰が入り、守田はボランチにシフトした。チェルシーはFWオリビエ・ジルらを送り込んだ。

 後半10分、川崎Fは知念のアーリークロスにダミアンがダイビングヘッドで飛び込んだが、惜しくも決め切れず。脇坂がD・ルイスとのマッチアップで粘るシーンもあった。チェルシーは後半12分にMFダニー・ドリンクウォーターとMFティエムエ・バカヨコを投入。後半19分にはMFクリスティアン・プリシッチがピッチに入った。

 チェルシーが再び攻勢を強めたが、途中出場でゴールマウスを守ったGK新井章太がビッグセーブを連発する。後半24分、スルーパスでDFラインの裏に抜け出したケネディが決定機を迎えたが、飛び出したGK新井が距離を詰めてセーブ。後半29分にもPA右手前からジルが左足で直接FKを狙ったが、強烈なシュートは再びGK新井が両手で止めた。

 川崎Fは後半38分に中村を投入し、流れを引き寄せる。後半40分、中村のパスを受けた馬渡が右サイドから折り返すと、ダミアンのヘディングシュートがクロスバーを直撃。迎えた後半41分、中村が左サイドからクロスを入れると、ファーサイドのダミアンが頭で叩き込み、決勝ゴール。川崎Fが1-0で勝利した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●プレミアリーグ2019-20特集

TOP