beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアルで戦力外のベイル、中国からオファー絶えず…江蘇蘇寧も獲得準備

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガレス・ベイルは去就は…

 レアル・マドリーで戦力外扱いのMFガレス・ベイルに、また新たな中国のクラブが興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 上海申花から好条件のオファーを受け取ったことが報じられたベイルだが、『マルカ』によればインテルの株式70%を保有する蘇寧電器グループが経営するクラブ、江蘇蘇寧も獲得に向けた準備を進めているという。曰く、同クラブはベイルがレアルで受け取る年俸1700万ユーロと同等の額を用意しているとのことだ。

 なおベイルには江蘇蘇寧のほか古巣トッテナムが興味を示しているようだが、こちらは現年俸の半分ほどの額しか支払う余裕がなく、ベイルとの契約を3年残すマドリーが年俸の一部を負担する必要性がささやかれる。一方で上海申花については、現年俸を上回る額をベイルに提示したが、移籍金を支払う意思がなかったためにレアルから断りを入れられている。

 果たして、ベイルの移籍先はどこになるのだろうか。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP